スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ただいま改修中 番外編その4

(2012-03-08)
実家の母からFAX.でリストが届きました。

何のリストかって?

来月、うちへ運搬してくる、つまり、わたしが
ひきとる物品のリストです。

120306_1743~01







うちが以前、会社をしていた時の雑多な
あれやこれやとか、父が丁稚に行って
いた先からもらってきてたもの。

このところ父や母は、人生の整理をし始め
ているのか、自分たちが亡くなった後も
処分しないでいてほしいもの、処分しては
いけないものを私に預かれ…というわけです。

ま、もちろん、この他に、自分たちが亡く
なるまで手許に置いておくものも、そこそこ
(というか、山ほど)あるわけですが。


この中には、別染めで作って、弟のところへ
送ったのはいいけれど、お嫁さんに「要らない」
と言われて、梱包も解かずに送り返されて来た
座布団とかも含まれています。
父母は「見るたびに腹がたつ」らしいので、
それらはそっくりもらうことにしました。

座布団はNPO法人でセミナーするときとか、
いくらあっても有難いですしね。

お御湯呑みやお皿等もそれぞれ100個以上あった
はずなんですが、先日、某福祉施設がイベント用に
もらってくださったそうで、ラッキーでした。


この中で意外やったのが、ポンドです。
こんなん、見はったこと、おありですか?

pond.jpg

正しくは「上皿桿はかり」というらしいの
ですが、私らは「ポンド」というてました。

うちは、丹後ちりめん*の白生地製造問屋ですが、
生糸の仲買人もしてましたので、ポンドはそれ
こそ、商売の象徴のような道具でした。

なので、これを手放すというのは、いったい
どういう了見なのか? ものすごーくびっくり。

推測でしかありませんが、きっと、「気が
すんだ」んでしょうね。「もぉ商売はしない」
と、気持ちの整理ができたというか。


今のうちの生活には何の役にもたたないもの
ですが、ま、もらっておいてあげまひょ。
まして、大小、2つもあるらしいですが。


*ちりめんは、一反いくらの商売ではありません。
生糸の売買と同じように、一匁めいくらで、
京都・室町の白生地問屋に売ります。
そういうわけで、どんなもんでもまずは量って…
というのが、基本でした。
本当はポンドで量らんでも、うちの父なんかは、
糸や商品を手でもっただけで重さがわからはります。
一種の職人技ですよね~



スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

月と星と妖精ダストのブログパーツ
プロフィール

天音☆あまね

Author:天音☆あまね
ようやくさわやかな季節に♪
お変わりございませんか~?

エステイト 信へご用の方は
メイル←クリックでメイル画面が立ち上がります♪
 よろしうお願いいたします。

☆京都サンガを応援しています☆
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ひとりごと♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Flashリバーシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。