スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ただいま改修中 41

(2012-01-04)
明日くらいからまた、大工さんは家に
入ってくれはるようです。
雪が降って来ましたね~ 大丈夫かな?


ところで、こんな私的なことを延々とUP
してて、そのうちみなさまに愛想を尽か
されてしまうんやないかと、実はちと心配
していたのですが、たまたま年末に会うた、
このブログの読者の方に、
「自分の家がどんどんできていくようで、
どきどきしながら見てる~」って言うて
もらえたので、懲りずに続けますね~






ほとんど変わってないようにも見える
ミセ(事務所)ですが、よぉ見てみると…

ここは美容院として使われていたので、
大壁になっていただけやのうて、天井も
合板とクロスにおおわれていました。
いろいろ剥がしたり撤去したりしてみると
痕跡があちらこちらにあります。


a_20120104161216.jpg

【写真はクリックで拡大します!】

上から壁(漆喰)を塗るには塗るのですが、
そのために丁寧に補修をしてくれたはります。


c_20120104161215.jpg

こんなに小さい垂れ壁はもぉ取ってしもても
いいようなもんなんですが、耐震という観点
からみると、これ、重要らしいんです。


b_20120104161215.jpg


ここは、みせの北側になるんですが、
この上は床の間と仏壇置き場になります。

座敷が一階にある場合、床の間や仏壇の
上(つまり、その上にあたる2階部分)は
歩かないように配慮して押し入れや床の間
なんかを配置したりするようですが、この
家は座敷が2階なので、その心配は無用です。
その意味から言うと、二階に座敷というのは、
なかなかよい案なのかもしれません。


そうそう、町家では、1階と2階の両方に
お床がある場合は少なくないんですが
(もっと多数の場合も)、一家が暮らす
場合、お床は一ヶ所でよいようです。

お床というのは、神さまが鎮座しはる
場所ですから、一軒の家に何ヶ所もって
いうのは、確かにおかしい。

ま、二世帯三世帯が同居するのなら、
それはそれでいいんでしょうけれど。



わたしが、この家を改修するにあたって、
どうしても叶えたかった(譲れなかった)
ことのうちの一つがこれです。

e_20120104161214.jpg

洗面所の換気扇。これは必須です!


換気扇ほどではないですが、これも。

f_20120104161213.jpg

洗面所のコルク。
ここは裸・裸足で居る時間があり
ますから、さぶいのはつらい


そして、お風呂。
これは縦のバーをつけてほしいこと
くらいしか注文はなかったんですが…。

d_20120104161214.jpg

湯桶の半分くらいが浅くなっているので、
水道代が節約できるらしい。ほんまやろか・・・


スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

月と星と妖精ダストのブログパーツ
プロフィール

天音☆あまね

Author:天音☆あまね
ようやくさわやかな季節に♪
お変わりございませんか~?

エステイト 信へご用の方は
メイル←クリックでメイル画面が立ち上がります♪
 よろしうお願いいたします。

☆京都サンガを応援しています☆
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ひとりごと♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Flashリバーシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。