スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『きものとからだ』

(2008-10-08)
何の関連もなしに時々、「この人に会いたい!」ってお人が現れます。
「ことばは言霊というて、ことばに出すと魂がやどり、実現するから、
願いはせいぜい口に出すといいよ」って、常々言うているのですが、
うちが「会いたい!」と思うたお人には、たいがい(亡くなってしもてる
方は別として)お目にかかる(お話しする)ことが叶っています。
緒方貞子さんしかり、志村ふくみさんしかり。
なぜか、女性が多いんですが・・・

今、一番、お目にかかりたい方のうちのお一人が「三砂ちづる」さん。
この方の著書は今までにもブログUPしています→参照

kimonotokarada.jpg
ある日突然、「これからはきもので暮らそう」と思った著者。
以来ずーっと毎日きものを着て暮らしたはるという。
こういう性格って、好きやわぁ。


「津田塾大学」サイトの新刊紹介より・・・着物は、日本の気候や暮らしのなかから
生まれた衣服だから、冬に温かくて、夏は風が通る。身体を冷やさない。
動きやすいし、走ることもできる。しかも、ダイエット効果もある!?
帯が苦しい、着るのがたいへんだというのは、近年に作られた「固定観念」なのだ。
毎朝、着物をスーッと羽織って、キューッと帯を締めると、身体が生き生きとしてくる。
毎日付き合うことで、身体が変わる。もう一度、着物のある身体と暮らしを取り戻そう。

(木星叢書)


うむ。確かに。
きものって、ほんまはそんなに高価なものばっかりでもないし、敷居の高いものでもない。
そういうこともあって、NPO法人をつくるときには「衣食住」ってのを柱に据えたのやけれど、
きものに興味はあるけれど、どっしよっかな?と思うたはるかたにはぜひ手に取ってほしい本。
「きもの生活もいいかな」と思ってもらえるんやないかしら。
肩肘はらんと、もっと気楽に着てみはりません?って申し上げたいんです。

ところで、このご本、帯が2本なんです。
ちょっと凝った装丁なので、一見の価値ありです!    

スポンサーサイト

tag : べべ 風の会



コメントの投稿

非公開コメント

月と星と妖精ダストのブログパーツ
プロフィール

天音☆あまね

Author:天音☆あまね
ようやくさわやかな季節に♪
お変わりございませんか~?

エステイト 信へご用の方は
メイル←クリックでメイル画面が立ち上がります♪
 よろしうお願いいたします。

☆京都サンガを応援しています☆
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ひとりごと♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Flashリバーシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。