スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京都本 2本!

(2010-06-29)
世に言われる、「京都本」というのがあります。
本屋さんに行くと、「京都本コーナー」って
ぜったいありますよね~。でも、そういう、
地元の本コーナーがそこそこの面積を占めて
いるのは、京都くらいなんやそうですね。

京都の人って、ほんま、京都、好きなんですね~

さて、数ある京都本の中から、直近に読んだもの。


 PN2010060701000195_-_-_CI0002.jpg ISBN978-4-575-30159-5.jpg
まずは一冊目。

せやし だし巻 京そだち  140B刊
 小林 明子 (著), ハンジ リョオ (漫画)

PN2010060701000195_-_-_CI0002.jpg

京都の不思議と理不尽と魅力をいっぱい詰め込んだ
新しいコミックエッセイ誕生!!
1960年代、京都の老舗呉服屋に三姉妹の次女として
生まれたアッコちゃん。お家は大家族でしきたりも
躾も厳しい。でも毎日楽しい家族に囲まれて育った。
「クスッ」と笑えて「京都人の共感」と
「よそさんの驚き」の連続。
昭和~平成のリアルな「京都家族」物語。

京都人にしかわからないこと、京都人でもわから
ないこと、やっぱり京都はワンダーランド(アマゾンより)



楽しく、最後までさらっと読めました。
マニアックな書き込みもあって、笑てしまうことも。
でも、正直なところ、「その程度ですんでて、よかった
やんか…」って。うちは、何かともちょっと大変やった。

生まれ育った家業の業種が類似しているので(正確には、
ここのお家とかの仕入れ先になります)、理解はできる
のですが、うちはもちっと規模が大きかったので。
会社の人のご飯も母ではなく、御飯を作るオバチャンが
居てはったし。お正月も、家族だけではのうて、
得意先から働いてくれている人、仕入先、銀行の人まで、
何百人もの人が年始に来はったし。



次!

京都タワーで朝風呂を―千年の都は発見がいっぱい!
カツヤマ ケイコ (著) 双葉社刊

ISBN978-4-575-30159-5.jpg

こちらは、もぉ、よくあるパターンの京都本と
いうていいのではないかしら。
よそさんはあんまり知ったはらへんであろう
京都のあれこれをぎっしり…。

個人的には、あんまり興味のある場所が出てへん
かったし、よその人が読まはったら面白いんやろな…
と、思っただけでした。
ただ、京都に来て間なしの方には役に立つと
思います。でも、全部がぜんぶ、ほんまの
こととは思うたら、あきませんよ。ふふ。





スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

月と星と妖精ダストのブログパーツ
プロフィール

天音☆あまね

Author:天音☆あまね
ようやくさわやかな季節に♪
お変わりございませんか~?

エステイト 信へご用の方は
メイル←クリックでメイル画面が立ち上がります♪
 よろしうお願いいたします。

☆京都サンガを応援しています☆
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ひとりごと♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Flashリバーシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。