スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


正しい? 正しくない?

(2009-07-02)
「ぐらっと来たら机の下に」って、小さいころから言われてましたよね。
机の下とか、お風呂やトイレなど、せばい場所に入りなさいって。

こうした地震発生時に身を守るためとして推奨されている行動が、
本当に被害軽減に役立つのかを科学的に検証する作業部会が
文部科学省に設置され、1日、初会合が開かれたそうです。


うちは町家専門の不動産屋をしているのですが、
阪神淡路大震災等の震災後の誤った報道のおかげもあって、
「町家は地震にはどうなんでしょうか?」というお訊ねをよくいただきます。




これに関するうちの見解は別の機会に述べたいと思いますが
(結構、ふだんから言うているので、ご存知の方も・・・)、
みなさん、地震に対していろいろ思いを抱かれているのは
よーくわかります。阪神淡路大震災では京都もよぅゆれましたしね。


そういうこともあって、うちでは(というても、NPO法人京町家・風の会
の方)では、地震関連のことをテーマにした例会をしたりもしています。

町家が地震に対してとってもよわいですよ…となると、
町家の保存再生~新築適法化運動を目指している風の会に
とっては、何も活動ができないことになってしまいます。

ある意味、
地震が起きるのは仕方ないことなんですよね。
だから、より被害をすくなく、みんなで乗り切っていくことを考えんと。

文科省では、直下型地震や長周期地震動など、揺れのパターンや大きさの
違いに応じて、効果的な行動が変わるかも検討し、今年度末までに報告を
まとめる。緊急地震速報が出た時の対応、 学校や医療現場で必要な防災
教育なども加え、来年度中に指針をつくる予定とのことで、これはこれで
どんな結果が出てくるのか、注目していきたいと思うております。    


スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

仕口ダンパーなんかでヘタにがっちり留めんほうがエエとか、屋根は軽量に葺き替えろとか、いろいろ言われますけどねぇ。
じっさいのとこはどうなんやろ。こればっかりは、起きてみんことにはとも言えへんだけに。

ぽん さま

> 仕口ダンパーなんかでヘタにがっちり留めんほうがエエとか、
屋根は軽量に葺き替えろとか、いろいろ言われますけどねぇ。

がちがちにかためることは、町家のよさを殺すことになるかと。
長方形が平行四辺形になることでバランスを保ったり、
揺れることで力を逃がしたりすることが叶わへんようになる。

屋根は微妙ですね。
重い屋根が家を押しつぶす…という見解と(能登の地震では
このケースが目立ちましたね)、重い屋根やからがっしりと
支える…という見解と。

ただ、まぁ、心配しすぎるというのは何の徳にもならん…と
いうのが個人的な意見ですわ。
月と星と妖精ダストのブログパーツ
プロフィール

天音☆あまね

Author:天音☆あまね
ようやくさわやかな季節に♪
お変わりございませんか~?

エステイト 信へご用の方は
メイル←クリックでメイル画面が立ち上がります♪
 よろしうお願いいたします。

☆京都サンガを応援しています☆
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ひとりごと♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Flashリバーシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。