スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うちの下のボン 3

(2014-03-14)
そういえば、そういえば…
今から思うと、不思議なこだわりがいっぱいありました。

1-2歳…ピンクのズボンしかはかない。
3歳…スパゲティサラダを毎夕飯、半年間食べる。
弁当のおかずはいつも一緒。
↑これは遠足弁当に限れば今でも多少、あります。

保育園では4歳になるまで一言もしゃべりませんでした。
周りは、赤ちゃんのときから一緒にいるお友だちなので、
みのりんがしゃべらなくても、不思議に思われること
なく、それなりに遊んだはりました。








わたし個人としては、発達障碍で何が悪いの?と
思います。それよりも、線をひっぱったように
すべての能力が一律に成長するほうが気味悪い。

思うに、発達障碍というのは、発達に凸凹があって、
その凸凹さかげんが平均値より大きいってこと
だけやないかなぁ…


ただ、生きにくいことは確かで、わたしもそうでしたが、
「へんな子・かわった子」扱いはされます。
相手の言うている意味が理解できないことがあります。
「ふつうはそうでしょ?」と言われても納得できない
ことがあります。じぶんが「当たり前」に思っている
ことも、周りの人にとってはまったく異端なことと
とられることも少なくありません。

ま、いいんですけどね。



そこで、みのりんの国語です。
国語を何とかしないと、希望の中学へは入れません。
うーーーーーーーーん、どうするかなぁ。
ご飯をいっぱい食べさせたからというて、発達するもの
でもないし。うちわであおいでもあかんし(笑)



お塾に相談したところ、国語のH先生が、「そんなら、
面倒をみましょ」と言うてくれはって、マンツーマンの
ような感じで週に一回、みてくれはるようになりました。
そうして半年くらいして、小4の秋頃にはちょっと点が
とれたり、記述の解答が書けるようになりだしました。

小5の終わり頃には、物語や詩なら、もぉほとんど問題
がないくらいになってきておりました。

小6の終わり、受験時には、学校にもよりますが、7~
8割は点数が取れるようになりました。京女の過去問
なら、ほぼ満点いけてました。

とはいえ、論説文は全くダメで、併願校の東山なんかは
論説文の出題もあるため、5割とれるかどうか。
合格するには、他の教科でカバーすればなんとか…って感じ。


結局、彼の国語力というか、問題を解いていくのに必要な
能力は他の能力に比べて発達が遅く、こと論説文に関しては
まだそこまで成長していない…と思います。
論説文に取り組むには、まだ時期尚早といいますか、もう
少し、気長に待つ必要があるようです。


彼が希望していた学校の国語は、前期日程では物語文しか
出題されないようで助かりましたが、論説文の比重が重い
学校であれば、志望校変更でしたね。



…つづく。

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

月と星と妖精ダストのブログパーツ
プロフィール

天音☆あまね

Author:天音☆あまね
ようやくさわやかな季節に♪
お変わりございませんか~?

エステイト 信へご用の方は
メイル←クリックでメイル画面が立ち上がります♪
 よろしうお願いいたします。

☆京都サンガを応援しています☆
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ひとりごと♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Flashリバーシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。