スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うちの下のボン 2

(2014-03-11)
息子がどうもへん、発達障碍やないかと思うようになった
のは、たぶん小3、4年くらいやなかったかと思います。
平常は比較的おとなしい子なので、あまり疑う機会が
なかったことも確かです。

そういえば1年生の時、半日ほど知人宅に預かって
もらったことがあり、たまたま訪問された方(28歳♂)が
「今どきの40代の親はなんにも子どもの世話をせぇへん」
云々と雑談したはるのを聞いて、彼は自分の母親のことを
批判されたと勘違いし(私とは全く面識のない方です)、
その人に向かって突進し、頭をスパーンと叩いたんや
そうです。カッとなると見境がなくなるということです。


その時は、知人が平謝りをしてくれ、事なきを得ました
が、知人曰くは、「叩いたことは悪いけれど、話の内容は
確かに度を越していた」と。
とはいえ、他所の知らない小父さんの頭を叩いていいか
どうか、判断できない歳ではないはず。

落ち着いている時期を見計らって本人に言いきかせた
のですが、ほとんど記憶にないようで、カッとなると
自制は非常にむつかしいんや。。。と感じました。


小2の12月に、兄が行っているお塾のおためし冬講習が
ありましたので、子守代わりに行かせました。
終了日の入塾テストは不合格。
それならそれでいいわ~と思っていたら、本人が、どう
してもお塾に行きたい。だから勉強すると言い出しました。

訊いてみると、かなり本気。
なら、がんばってみる?…ってことで、次の入塾テスト
のための勉強を、大みそかから1週間、1日10時間以上。
今から思うと、これも普通やないですよね。

甲斐あってぶじお塾へは入れたものの、算数はともかく、
国語が全くできない。
思えば、登場人物の気持ちがわからないのですから、
点がとれるはずがないですよね。人に何かを説明したり
表現する文章力もないですから、記述なんてもっての他。
まぁ、それならそれで、行ける中学も中にはあるやろ~
と軽く考えていたのですが、小3の秋にひょんなことから
第一志望校を決めてしまわはりました。

そこの入試問題を見てみると、国語は問題が1問。しかも
漢字以外は記述。与えられた文章は長文かつ明治とか大正
期に書かれたもの。

そんなもん、ごく普通の現代文ですら読み取れないのに、
いったい何をどうすれば、できるようになるんやろ。。。



…つづく。


スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

月と星と妖精ダストのブログパーツ
プロフィール

天音☆あまね

Author:天音☆あまね
ようやくさわやかな季節に♪
お変わりございませんか~?

エステイト 信へご用の方は
メイル←クリックでメイル画面が立ち上がります♪
 よろしうお願いいたします。

☆京都サンガを応援しています☆
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ひとりごと♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Flashリバーシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。