スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


受験校を考える5・・・高校受験の有無2

(2013-11-02)
高校受験の有無1 <つづき> 

すんません、思い出話続きます。

編入が決まったところで、合格した学校から、
一日も早く授業に出るように…との話。

とはいえ、公立中学校も卒業に向けていろいろ
ありまして(当時、ものすごく生徒会活動が
盛んでした。大学の時に学生運動をしていた
教師がその指導をしてました)、すぐには動けず。




でも何とか調整をして、3月中旬から編入
して、春休みの春季講習(とは名ばかりで、
授業がどんどん進んで行きました)から
出ることにしました。

そこで初めて受けた授業が数学Ⅰ演習。
いきなりプリントを配られて、第一問が
忘れもしません、「同志社大学文系の
入試問題」を解けと。

そんなもん、解けます?
ちょっと前まで公立中学校で、お気楽に
数学をやってたのに、数日後に文系数学
とはいえ、入試問題ですよ!

もう一科目あった数学は、数Ⅱでした。
これは、一般には高校2年生で履修するものです。


聞いてみれば、在校生は中2の秋から高校
数学を始めていて、中3の時点では数Ⅰは
一通り修了していたのですね。
これは、現のヒフミもその通りで、同じような
ペースで進んでおります。

   やってない数Ⅰについては、実際問題どう
   するかということですが、卒業生の家庭
   教師を斡旋してくれたり、適宜、放課後に
   補講をしてくれたりしました。



「編入が難しいっていうのは、こういうこと
やったのね」と、ものすごーく納得しました。

なので、今、中高一貫コースを設定している学校で
高校入学者を募集しないのは
ある意味まっとう
かもしれません。
中高一貫とはいうても、カリキュラム的に中学と
高校とで一線を引いている学校であれば別ですが、
となると、何のための中高一貫なのか、検証して
おく必要があるのではないでしょうか?


ですから、受験校選びの際、その辺のところを
考える必要があると思うんです。
高校受験がある学校とそうでない学校とでは、
やっぱり雰囲気が違います。
どっちがいいかということではありません。
息子・娘にとって、どっちが向いているか…です。
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

月と星と妖精ダストのブログパーツ
プロフィール

天音☆あまね

Author:天音☆あまね
ようやくさわやかな季節に♪
お変わりございませんか~?

エステイト 信へご用の方は
メイル←クリックでメイル画面が立ち上がります♪
 よろしうお願いいたします。

☆京都サンガを応援しています☆
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ひとりごと♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Flashリバーシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。