スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


弁当のご飯は学校で炊く。

(2013-09-12)
夕飯をちょっと近所で食べよう!というても拒否
するみのりんが「東大寺学園の文化祭に行きたい
と言いだしました。

9月の15日16日です。

なんでも、先日、お塾に、「文化祭に来てね~」と
卒業しはった先輩が宣伝しに来はったらしい。


5年生の時には、東大寺なんて手が届かない学校の



ひとつで、受験するつもりも予定もなかったので、
お塾の学校見学もパスしてしもてたんです。

春に、二人で見には行ったんですが、ちょうど
定期テストの真っ最中で、門の外から眺めるだけ
しかできひんかったし・・・


今も正直なところ、受かるか受からないか微妙な
ライン。でも、たとえ受かっても行かない予定。
本人曰く「C先生を喜ばせたいから合格する」と。


この東大寺学園は非常にユニークな学校で、校則が
ないそうです。

関西ではかなりの難関校ですし、そう易々と行ける
学校ではありませんが、入った後はそれぞれの個性
をものすごーく大事にしてくれてすばらしい学校。

仏教でなくて、近かったら、息子に心から行って
ほしいと思う学校の一つです。


うちのお塾の卒業生で、学校に炊飯器を持ちこんで
ご飯を炊いて食べた子が居るそうな。
お米も持っていかんとあかんし、大荷物やったやろ
な…と、推察。でも、個人的にはやってみたいなぁ~


そういう子が特殊な存在ではのうて、自然に居られる
ってものすご素敵。これ、その辺の学校やったら、
「へんなやつ・かわったやつ」と白い目で見られたり、
仲間はずれにされたり、いじめられたりする…こと
はないですか? 


「あいつはそういう子」という、そのままにみなが
受け入れて共存していけるって、私立ならではの
ような気がします(すべての私立がそうという訳で
は決してありません。不悪)。


私も、公立小中学校時代、とーっても浮いた存在
でしたが、私立の中高一貫にかわってからは、全く
そんなこともなく、非常に居心地よくて、感動しま
した。「こういう世界もあるんや」と、思いました。


今は、私もちっとは大人になりましたし、私のよう
な人間は決して世の中のマジョリティではないこと
を自覚しております。
でも、その中高一貫校や大学ではけっしてマイノリ
ティではなかったんですよー。
ま、言いかえれば、変わり者の多い学校ってこと
なのかもしれませんが、でも、そういう「生きにくい
子」は、やっぱり自分で「居やすい場所」を探す
べきなんやと思います。



・・・すんません、わかりにくい話で。


スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

月と星と妖精ダストのブログパーツ
プロフィール

天音☆あまね

Author:天音☆あまね
ようやくさわやかな季節に♪
お変わりございませんか~?

エステイト 信へご用の方は
メイル←クリックでメイル画面が立ち上がります♪
 よろしうお願いいたします。

☆京都サンガを応援しています☆
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ひとりごと♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Flashリバーシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。