スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第2回保護者会がありました。

(2013-05-21)
GW明けて…一気に気温も上昇し、新学年の意気込みもちょっと
薄れてきて…(親も子も)なんとなーくだれ気味なのを見越して
なのかどうなのか存じませぬが、お塾の第2回保護者会がありました。

今回の会は、ま、一言で言えば、「親を励ます会」。

模試でそれなりの結果が出ていても、出ていなくても不安なもん
ですよね~。親側にしてみると、自分のことでないから余計と。

それに対する塾の姿勢というか、方針の説明をあれこれと。




本当は、一番不安なのは、受験生である子どもに違いないの
ですが、そこはそれ、おいておいて。

とにかく何かあれば、塾に電話をくださいって。日付が変わる
くらいまでは余裕で受付ますよ~と。

夏休みまでの各教科の指針と、それ以降の教材の内容と、昨年
までとの相違点。

子どもは、不安をストレスを抱えつつ、入試までの8ヶ月間を
すごします。その中で、親や教師はどうあるべきか?
A先生のモットーは、次の5者やそうです。
学者・医者・易者(言いかえると「統計学者」)・役者・芸者。
いかに子どもに寄り添うか…ってことですねぇ。大変ですが。


この時期、重要なことは、間違えた問題の直しを徹底的にすること。
塾では、かなりハイレベルなことをさせています。
なので、できないものがあって当たり前。
お塾では、一定の点数に満たない場合、居残りで直しをさせますが、
これはペナルティではありません。受かるためにやるということ。
決して、先生が怒るから、先生が怖いからするということではない。
あくまでも、自分をランクUPさせるためにするもの。
そこのところを間違えると、伸びない・・・



それと、「今更ながら、こんなこと言うのも何ですが…」との
前置きで、関西の公立高校と私立進学高校のこの春の大学受験の
結果の比較。数字だけを見比べるのやのうて、それが現役で合格
しているのか、浪人なのか…をよぉ検討してください。
確かに、浪人で合格した場合、それはその高校が受からせたのか、
予備校の力が大きかったのかは微妙なところですもんね。

それに第一、京都の場合、中高一貫が増えたので、いざ、高校から
私学に行こうと思っても、高校からのコースにしか入れなかったり、
一部編入を認めていても、転居によるものでなければNGだったり。


最後に、この春、お子たちが中学へ進学された保護者の座談会(イン
タビュー形式で)がありました。
どこのご家庭でも、一悶着二悶着あるもんですね~。

その中で、あるお母さんが「子どもが中学受験をしてくれたお蔭で、
わたし自身が成長できたように思う」と言うたはりました。
ほんまですよね~。自分の受験とはまたちがって、貴重な体験やった
(みのりんはこれから…ですが)と私も思います。
受験という機会がなければ、子どものことをこんなに深く知る機会が
なかったかも…とも。

その他、秋(初冬)までにしておいた方がいいこととして挙げたはった
ことは、受験用の写真撮影とスケジュール作成。
これについては、本ブログでもまた書きますね~

最後に、A先生が言われたこと。
「これから、わたしたち講師と、お父さん、お母さんは戦友ですから」。
ほんま、ほんまにそうです。







スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

月と星と妖精ダストのブログパーツ
プロフィール

天音☆あまね

Author:天音☆あまね
ようやくさわやかな季節に♪
お変わりございませんか~?

エステイト 信へご用の方は
メイル←クリックでメイル画面が立ち上がります♪
 よろしうお願いいたします。

☆京都サンガを応援しています☆
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ひとりごと♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Flashリバーシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。