スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さきほど機嫌よぉ

(2013-02-12)
みのりんはお塾に行きました。今日は午後9:50までです。

ほどなく、志望校(タイプ別)の特訓授業というのがお塾では始まるのですが、
中学といえども、結構、学校によって問題に偏りがあるようなんですよね。

たとえば、物語文しかでない学校。論説文が主体の学校。
単独の計算問題がかなり出る学校、ほとんど出ない学校。
難解ではないけれど問題数が多い学校、問題数が少なくて難易度の高い学校。
偏差値の割に問題の易しい学校、その逆も・・・。
記号や穴埋めが主体の学校。記述での解答を求められる学校。

なので、その学校の問題にどれだけお塾が対応してくれるのかは大きな問題です。







大学入試ではこれは当たり前のお話しで、私が大学を受験する際は、赤本を
過去13年分やりました。そこで得た結論。英語に発音等、単語に関する問題は
出ない(よって、一切勉強しない)。やたら、英文解釈と作文が出る。
なので、2年間、毎日、ひたすら英作文(一日に50文くらい)をしてました。
数学は4問。計算問題や小問は一切出ない。穴埋めもなし。ほぼ記述問題。
理科(化学)は有機化合物がメイン。無機はありがたいほど…でした。
きわめて特殊な入試の問題で、他の学校を受けるのには応用しにくい…。
いいかえると、「ついでに受けておこうか」っていうのができない学校でした。




で、先日のお塾の保護者会での話。

「有名校(たとえばDとかRとか)を受験する予定にしてて、秋になって急に
公立の中高一貫に切り替えるのはやめてください」と。
あまりにも傾向が違うんやそうです。
「R南女子を受ける予定の子がR北に切り替えるのは問題ないんですけどね」。
ま、それはそうなんでしょうけど・・・


ヒフミの時にもそうでしたが、公立小学校に行っていると、6年生になって
初めて、学校からいろいろ公立中高一貫校についての情報をいただいたり、
学校見学の案内があったりしましたので、この時期にやっと実態が少し
わかるというか、比較する俎上にあげられるので、志望校として考え直さ
はる方もおありになるんでしょうね。


公立の中高一貫の入試は特殊らしいです。面接もあるし。
二兎を追う者は…ってことになりかねへんらしい。

うちは、内申も悪いし、問題との相性もよくなかったので、ボン二人とも
最初から選択肢から除外して考えてました。
それに、以前は抽選もあったので、踏み切れへんかったっていうのも。
あれやこれや、ご縁がないってことなんでしょうな~
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

月と星と妖精ダストのブログパーツ
プロフィール

天音☆あまね

Author:天音☆あまね
ようやくさわやかな季節に♪
お変わりございませんか~?

エステイト 信へご用の方は
メイル←クリックでメイル画面が立ち上がります♪
 よろしうお願いいたします。

☆京都サンガを応援しています☆
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ひとりごと♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Flashリバーシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。