スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そろそろ

(2013-01-27)
中学入試合否の大勢がわかってきましたね。。。

いつも塾の空き時間にロビーで自習していた6年生のお兄ちゃんが第一志望があかんかった
らしく、それがわかった日にはみのりん、かなり落ち込んでいました。
「あんなにがんばったはったのに・・・」。

うん、そうだね。
試験って、そういうこともあるから試験なのよ。

不安顔のみのりん。

そう、その「不安」な気持ちを打破するのは、一生懸命に勉強するしかないのよ。
「がんばってもだめかもしれない」っていうのは誰でも思うこと。
でも、もうちょっとがんばれば、「わたし(ぼく)が受からんで、誰が受かるの?」
って思えるようになるからね。大丈夫、そういうもんやから。









落ち込んだままのみのりんに訊いてみました。

「保育園の鼓隊で京都会館の舞台にあがったとき(参照)、緊張した?」
「うぅん、ぜんぜん」
「どっか、間違えた? 完璧に叩けた?」
「いっこも間違わんと、ちゃんと叩けた」
「なんで?」
「いっぱい練習したから。先生がもぉえぇっていうても練習したから」って。

たまにみのりんはこの時のDVDを観るのですが、確かに完璧に演奏したはります。

しょせんは5歳児、それなり…ということはなくって、その辺の小中学生には負けへんレベル
でした。みのりんの年は、音楽好きな子が多かったせいか、運動神経がよかったせいか、ただ
たんに担任の先生の趣味なのか、やたら難しい曲になってしもて(選曲した先生も後悔したはった
くらい)たいへんやったんですが、連日の練習、しかもこの年はやたら雪の降る年で、雪が降る
中でも苑庭で練習させられてたほど。そんな中、愚痴一つこぼさんとやりきった子どもたち。
その記憶は決して彼らから抜けることはないはずです。


「鼓隊、たいへんやったなぁ。曲も難解で。でも、あれだけ練習したから、ちゃんと叩けたと
思わへん? 演奏が終わった後、やったぁ~!!って思わへんかった?」

みのりん、何も答えず…にんまり。

「もぉこれ以上できひんっていうくらいに勉強してから、受験しよな。それで出た結果は、きっと
神さまの御心やし、みのりんにとって一番いい選択になってるはずやよ。ママは別にみのりんが
どこの学校に行ってくれてもいいけれど、『もっと勉強したらよかった』って後悔だけはして
ほしないわぁ。神さまはちゃんと見たはるよ」と申し上げました。


本日、みのりんはお塾の難関特訓の授業です。

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

月と星と妖精ダストのブログパーツ
プロフィール

天音☆あまね

Author:天音☆あまね
ようやくさわやかな季節に♪
お変わりございませんか~?

エステイト 信へご用の方は
メイル←クリックでメイル画面が立ち上がります♪
 よろしうお願いいたします。

☆京都サンガを応援しています☆
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ひとりごと♪
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Flashリバーシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。